6年生からの中学受験「逆転力!」| 調布の塾【つつじヶ丘個別学習会】

6年生からの中学受験

HOME > 6年生からの中学受験

伸び悩んでいる6年生、集まれ!つつじヶ丘個別学習会は、伸び悩んでいる人・出遅れた人を逆転合格に導くことが得意なプロの個別指導塾です。今年も6年生からの逆転に成功した塾生がたくさんいました。成績データと合格体験記をご紹介します。

このページの内容は次の通りです。
・当塾6年生たちの成績データ
・電機大付属中学校合格!小川君(2017年度)
 電機大付属中学校 合格体験記
 【6年6月からの受験勉強】 〜第一志望変遷の過程〜
・帝京大学中学校合格!Kさん(2016年度)
 帝京大学中学校 合格体験記
 【6年4月からの受験勉強】で逆転合格

当塾6年生の成績データ

各塾生の6年生での成績UP↑のデータです。

6年生の成績データ

トップに戻る

電機大付属中学校合格・小川君

志望校の変遷

電機大付属中学校 合格体験記

小川くん

僕は6年生の6月にこの塾に入りました。人よりスタートが大幅に遅かったので、相当の努力をする覚悟はできていました。けれども、四時間の塾での学習は大変で難しく、あきらめそうになった事もありました。特に夏期講習、冬期講習は非常に大変な日々で塾と宿題に追われる毎日でした。

しかし、それでも毎日頑張れたのは、そこで出会えた友人と塾長を始め先生がいたからでした。塾長は時に優しく時に厳しく(厳しいが8割)でしたがその厳しさは生徒を思う愛情からでした。冗談や小ネタをいつも言っていて少しおもしろい事を時々言います。先生方は個性的(良い意味)な人たちでアットホームな空間でした。

自分の志望校は帝京大学中学でした。初めての帝京の過去問は算数20点という笑うしかない成績でした。塾長も笑いました。しかし、指導と回数をかさねるたびに35、45、そして追い込みには65点まで点数を上げられました。

そして、迎えた入試本番。結果は第二志望の電機大付属中学校に合格しました。あと一歩およばず帝京には入れませんでした。

塾長は「小川マンお疲れ」と言ってくれました。
くやしいですが今までの努力を全力で発揮したので悔いは残っていません。
しかし、この経験を生かして電中でも頑張りたいと思います。

ちなみに僕は「小川マン」という愛称で呼ばれていて、塾長はなんでも「マン」を付けます(笑)。僕はお世話になったこの塾をまだ続けます。
今度は大学受験で「大逆転合格」するために。

【6年6月からの受験勉強】 〜第一志望変遷の過程〜

杉原塾長より

小川マンよ、君との8か月足らずの受験勉強は濃密だったね。
君の学力が上がるにつれて「志望校がどんどん変わっていく」
不思議な、しかしやりがいのある受験でした。

君が塾に入ったのは6年生の6月、6年にしては小柄なほうだよね。
でも慎重なところと気の強さを併せ持ったなかなか芯のある人でした。

小川君の成績推移

入塾前の学力判定テストでは国語はまあまあできていました。
いっぽう、算数は簡単な計算もミスが続出。
算数に関しては先行き極めて厳しい船出でした。
その君が算数と格闘しながら、途中で何度も泣きを入れながらも伸びてゆく、そんな時間を共有でき私は楽しかった。

*第一志望の変遷
日大三中→多摩大聖ヶ丘→電機大付属中→桜美林→帝京大学中学

たった8ヶ月でこんなに変わるのも珍しい。
学力の向上によって第一志望を決めていったということですね。

桜美林は通うのが大変なので仮の目標でした。 ただ、模試の判定で電機大が80%になり、チャレンジすべき学校を選ぼうということで、最近、偏差値が上がってきた桜美林をとりあえずの第一志望にしたというわけです。その桜美林もしばらくして過去問をやると楽勝。電機大も算国ともに90%近くとれるようになりました。12月中旬になってからの算数の得点の伸びは目を見張るものがありました。コツコツとした正しい学習の成果が6か月後にようやく実ってきたのです。

そうすると、次の挑戦校は帝京大学中学しかなくなってしまいました。帝京大学中学は早稲田の進学率が高く雑誌にも高評価されている学校です。2科目受験ができる学校のトップスリーが、「久我山ST」「農大1中」そして「帝京大学中学」です。(※1 詳しくは、「当塾が帝京大学中学を薦める理由」をご覧ください。)
これまで小川マンが解いてきた問題とは根本的に質が違います。

得意な国語は首都圏模試偏差値62まで上がりましたが、帝京大学の過去問では50%前後しか得点できません。算数は彼の体験記にあるように一回目の過去問挑戦は計算問題だけの20点です。でも彼はあきらめません。私もあきらめません。

国語は帝京大学特有の知識問題を覚えさせながら記述への対応に重点を置き、国語65点・算数55点でギリギリの合格最低ラインを狙うことにしました。複数回受験すれば合格できる可能性もあると考えました。

残念ですが、結果は不合格。
小川マンのチャレンジが終わりました。
どうすればよかったのか悩む日々が続きました。
そうするうちに、小川マンがやってきました。
しかも勉強道具をもって。

「ここまでやってきたんだから、僕は勉強もっと頑張るよ!」

彼の再チャレンジがすでにスタートしています。

(※1) 当塾が帝京大学中学校を薦める理由は二つあります。まず、6年生から中学受験に挑戦する場合には、4教科よりも2教科に絞って受験対策をする方が妥当であり、帝京大学中学は2教科と4教科の受験をどちらでも選択することができます。二つ目は、帝京大学中学の大学進学実績を見ると、2016年度の現役合格者数が約200名の生徒数で早稲田大学80名(浪人5名)、慶応大学33名(浪人3名)と優秀で、現役・浪人の比率を見ても面倒見の良さが伺えます。詳しくは、帝京大学中学校・入試要項帝京大学中学校・進学実績をご覧ください。

トップに戻る

帝京大学中学校合格・Kさん

帝京大学中学校 合格体験記

Kさん

私が中学受験をしようと思い立ち、塾に入ったのは、六年生の春でした。他の人達よりも遅いスタートだったので、追いつこうと寝る間も惜しみ、必死に勉強しました。特に、夏休みの夏期講習にはほぼ毎日通っていたので、とても大変でした。

私はもともと漢字が得意で本を読むのが好きだったので、国語ではいい成績が取れましたが、反対に数学が苦手で、受験当日ギリギリまで塾で教わっていました。塾では理科と社会をやる余裕がなかったので、帰って来たら自分で勉強をしていました。

私が帝京大学中学校を選んだのは、先生と生徒の間の雰囲気がとても良かったからです。「ここで六年間を過ごしたい!」と思いました。一年という短い時間の勉強で、最後まで合格できるか不安でしたが、無事に合格することが出来ました。合格することが出来たのも、つつじヶ丘個別学習会の先生達に熱心に教えていただき、励ましていただいたおかげです。本当にありがとうございました。中学に行っても一生懸命頑張ります。

【6年4月からの受験勉強】で逆転合格

杉原塾長より

Kさん成績推移本当によく頑張ったね!大したものです。4月から10月までで予習シリーズの4年上から6年上までやりましたから、よくついてきてくれましました。時期も時期だったので2教科受験のできる、しかも、彼女にふさわしい学校ということで帝京大学中学を勧めました。山の中にあってちょっと遠いのですが、難関大学への進学率の高い私の好きな学校です。君の頑張りが左記の偏差値表に表れています。

私の塾は「目指せ逆転!」をスローガンにしています。だからこんなグラフが大好きです。順調にいっていた君にもスランプがありました。人間山あり谷あり。夏明けからふっと魂が抜けたようになりましたね。 頑張りすぎ症候群でした。

それでも過去問に入ってからまたギアがチェンジしました。帝京大学中の過去問には苦労しましたね。11月に過去問チャレンジ第1回、算数は20点に満たない結果になりました。得意の国語でも結構苦戦をしました。対策を講じ、君の頑張りもあって算数も55点は計算できるようになりました。例年、合格最低ラインが60%なので、国語70点+α、算数55点を狙って作戦を練りました。

3回のチャレンジが出来ますので全滅はないと思っていたところ、初日で合格!
その時の2科目の合格最低点は134点。私の予想を超えた点数を取ってくれました。
合格おめでとうございます。立派でした!

トップに戻る

  • トップへ戻る

ホーム | 採用について | 講師バイト募集 | お問合せ | サイトマップ
指導理念 | 入塾の流れ | 指導形態 | コース内容 | 授業料・時間割 | 安全・防犯
合格実績 | 合格体験記 | 講習のお知らせ | 国語対策 | 四つの特徴 | 逆転のコツ
© Copyright 2005 - Tsutsujigaoka kobetsu gakushukai All Rights Reserved